田舎のプロレス難民ブログ

マスコミが追わない田舎のプロレスと少し都内の興行を綴るブログ

プロレス会場紹介

【プロレス会場紹介】岩手・一関市総合体育館ユードーム メインアリーナ

プロレスリングFREEDOMS・佐々木貴選手の出身地・岩手県一関市。 ここでは年1回凱旋興行が行われており、都内でもなかなか見られないオールスター戦を楽しめる会場となっています。 今回は10回目の凱旋大会が行われた際の様子を紹介します。 アクセス 会場内…

【プロレス会場紹介】夢メッセみやぎ・西館ホール

数ある仙台市のプロレス会場で最も多くの団体に利用されているコンベンションセンター。 竣工は1995年、正式名称は「みやぎ国際交流センター」で、会議棟に隣接する「西館ホール」が会場となります。 音楽イベント、コミケ、モーターショーなど用途は様々。 …

【プロレス会場紹介】岩手・盛岡ななっくホール

岩手県盛岡市河南地区は古くから商人の街として栄え、盛岡の百貨店発祥の地として親しまれてきました。 この場所に地域密着型コミュニティデパート「Nanak(ななっく)」はあり、7階に「ななっくホール」が入っています。 プロレス会場としては2015年に初使用…

【プロレス会場紹介】東京・新木場1stRING

後楽園ホールに次ぐプロレスの聖地「新木場1stRING(ファーストリング)」。 オープンは2004年。 ほぼ毎日のようにプロレス・格闘技の試合が行われており、コアなプロレスファンならば一度は足を運んだ事があるのではないでしょうか。 コンパクトで手頃な大き…

【プロレス会場紹介】秋田・大館市民体育館

秋田県大館市のプロレスの聖地「大館市民体育館」。 最新の設備を備える近年の会場と異なり、築年数50年以上と昭和の雰囲気を残す数少ない体育館。 既に解体も決定しておりプロレスが観られるのもあとわずか。 今回は地元プロモート興行で使用された際の様子…

【プロレス会場紹介】神奈川・横浜文化体育館

「横浜文体」の略称でプロレスファンに長らく親しまれてきた横浜文化体育館。 1962年竣工と歴史は長く、オリンピック、プロスポーツ大会やコンサート会場としても利用されてきました。 各団体がビッグマッチ会場としてこぞって興行を開催する横浜文体を紹介…

【プロレス会場紹介】山形ビッグウイング

正式名称は「山形国際交流プラザ」。 山形のコンベンションセンターとして日々催しが行われています。 様々な団体が興行を行っており、山形のプロレスの聖地と化しているこの会場。 プロレスリングWAVEで使用された際の様子を紹介します。 アクセス 会場内 …

【プロレス会場紹介】神奈川・横浜ラジアントホール

ラジオ日本が管理する多目的ホールでコンサートやラジオ公開録音などにも利用されています。 広い会場ではありませんが横浜中心部にありアクセスが良く、キャパも広すぎず中規模団体の興行には打ってつけ、さらに蛍光灯デスマッチも出来る会場として重宝され…

【プロレス会場紹介】神奈川・ラゾーナ川崎プラザソル

JR川崎駅西口直結、330の専門店で構成される大型商業施設「ラゾーナ川崎」。 その5階にライブ・演劇・落語など様々なイベントで利用できる小ホールがあります。 今回は「ラゾーナ川崎プラザソル」を紹介します。 アクセス 会場内 収容人数 データ 試合レポー…

【プロレス会場紹介】さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ

埼玉最大のイベント施設といえばここ「さいたまスーパーアリーナ」。 2000年にオープンし数多くのライブやスポーツが行われてきました。 格闘技ではボクシングと総合格闘技が早々に開催、プロレスでは2004年のハッスルが最初で最後でした。 しかしDDTが2015…

【プロレス会場紹介】青森市はまなす会館

青森市の中心部から外れ、問屋企業の立ち並ぶ一角に佇む「はまなす会館」。 セミナー、会議、催し物など何にでも使用できるレンタルスペースで、1階の体育館がプロレス会場として使用されています。 様々な団体が地方巡業で重宝している本州最北端の定番会場…

【プロレス会場紹介】宮城・仙台市青葉体育館

普段は学生の競技大会や地元バスケチームのホームとして使用される当会場。 プロレス会場としては2017年のプロレス酒場GOLD自主興行で初使用。 今回はプロレスこけら落とし「ゴールド祭り」で使用された時の様子を紹介します。 アクセス 会場内 収容人数 デ…

【プロレス会場紹介】東京・新宿FACE

「後楽園ホール」「新木場1stRING」と並んで都内の興行において欠かす事のできない「新宿FACE(フェイス)」。 JR新宿駅から徒歩5分の好立地に構え、2005年にオープン。 プロレス・格闘技の他にもライブハウスとしても利用されており、中規模団体の常打ち会場…

【プロレス会場紹介】宮城・仙台Rensa

宮城県仙台市の新たなプロレスの聖地「Rensa(レンサ)」。 オープンは2011年ですが、プロレス会場として使用され始めたのは2014年から。 昼は女子プロレス、夜は大日本プロレスの昼夜興行で開催される事も多く、蛍光灯デスマッチの出来る仙台唯一のライブハウ…

【プロレス会場紹介】東京・調布はあとふるホール

新宿駅から電車で20分。 閑静な住宅街の中に佇み、外観からはここでプロレスが開催されているとは想像が付かないかもしれません。 今回は「プロレスリング・シークレットベース」のホーム会場・調布はあとふるホールを紹介します。 アクセス 会場内 収容人数…

【プロレス会場紹介】宮城・仙台市宮城野区文化センター パトナシアター

センダイガールズプロレスリング(以下・仙女)のホーム会場・宮城野区文化センター。 隔月に1回のペースで興行が行われており、各団体も仙台巡業で多く使用しています。 開館は2012年10月1日と比較的新しく、設備も立地も良い好条件な会場。 仙女で使用された…

【プロレス会場紹介】大阪・平野区画整理記念会館

数ある大阪のプロレス会場の中で「平野区民センター」は頻繁に使用される場所ですが、その隣にあるのが「平野区画整理記念会館」。 プロレス会場としてはほぼ無名ですが、道頓堀プロレスで使用した際の様子を紹介します。 アクセス 会場内 収容人数 データ …

【プロレス会場紹介】エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)・第2競技場

「エディオンアリーナ大阪」は愛称で、2015年9月1日からこの名称で使用されています。 正式名称は「大阪府立体育会館」。プロレスファンには「ボディメーカーコロシアム」の愛称で近年親しまれてきました。 大阪のビッグマッチ会場としてお馴染みで「第1競技…

【プロレス会場紹介】東京・板橋グリーンホール

都内の小規模会場としてこちらも比較的アクセスしやすい会場。 池袋からすぐの場所にあります。 アクセス 会場内 収容人数 データ 試合レポート アクセス 東武東上線「大山駅」北口を出たら左方向へ。 突き当りのT字路を右折し直進。 板橋区立文化会館とセ…

【プロレス会場紹介】東京・後楽園ホール

言わずと知れた格闘技の聖地・後楽園ホール。 年間を通じてプロレスやボクシングの試合が開催されています。 「後楽園ホールでプロレス観戦してみたいけど一人で行くのはちょっと…」 そんな方にも分かりやすく紹介していきたいと思います。 アクセス 当日券…

【プロレス会場紹介】愛知・東海市民体育館 サブアリーナ

ドラゴンゲート所属 ドラゴン・キッド選手の地元東海市。 年に1度「東海市民体育館」で地元凱旋興行が開催されています。 アクセス 会場内 収容人数 データ 試合レポート アクセス 名鉄常滑線「尾張横須賀駅」西口から徒歩約10分。 名古屋駅からは40分で着…

【プロレス会場紹介】愛知・名古屋ダイアモンドホール

名古屋には大小様々なプロレス会場が点在していますが、「ダイアモンドホール」では昼・女子プロレス、夜・大日本プロレスと月1ペースで昼夜興行が開催されています。 アクセス 会場内 収容人数 データ 試合レポート アクセス 地下鉄東山線「新栄町駅」2番出…

【プロレス会場紹介】青森・八食センター くりやホール(八戸市)

青森県八戸市の海産物、おみやげ、八戸名物がなんでも揃う市場「八食センター」。 北東北では有名ですが、中にプロレス会場があるとはどういうことなのか? ご紹介致します。 会場内 データ 試合レポート 会場内 八食センターは「市場」と「厨(くりや)スタジ…

【プロレス会場紹介】秋田ふるさと村ドーム劇場(横手市)

秋田県横手市にある観光総合施設「秋田ふるさと村」。 その敷地内の「ドーム劇場」がプロレス会場として使用されています。 アクセス 会場内 データ 試合レポート アクセス 秋田自動車道 横手インターチェンジを降りて車で2分、すぐ近くに施設があります。 …