田舎のプロレス難民ブログ

マスコミが追わない田舎のプロレスと少し都内の興行を綴るブログ

【プロレス会場紹介】東京・後楽園ホール

f:id:yuikaoriyui:20170215000321j:plain
言わずと知れた格闘技の聖地・後楽園ホール
年間を通じてプロレスやボクシングの試合が開催されています。
後楽園ホールでプロレス観戦してみたいけど一人で行くのはちょっと…」
そんな方にも分かりやすく紹介していきたいと思います。

アクセス

f:id:yuikaoriyui:20170104013930j:plain
最寄駅はJR「水道橋駅」、都営地下鉄水道橋駅」、東京メトロ後楽園駅」。
JR水道橋駅からは西口改札で降ります。

f:id:yuikaoriyui:20170215001426j:plain
改札の目の前にある橋を渡ります。

f:id:yuikaoriyui:20170503003242j:plain
f:id:yuikaoriyui:20170503003237j:plain
東京ドームシティ入口。
コンビニもあるので食料はここで調達できます。

f:id:yuikaoriyui:20170215001425j:plain
そのまま進み、宝くじ売り場横の階段を下ると到着。

f:id:yuikaoriyui:20170215001424j:plain
後楽園ホールビル外観。
ここまでわずか徒歩3分。

f:id:yuikaoriyui:20170215001422j:plain
f:id:yuikaoriyui:20170104010506j:plain
後楽園ホールは5階。
入場は階段に整列した方が優先入場となります。
自由席やバルコニーで良席を確保したい方はこちらの階段から5階へ。

f:id:yuikaoriyui:20170215001423j:plain
f:id:yuikaoriyui:20170104010935j:plain
初めて階段を利用するとまず驚くのが壁一面の落書き。
数十年の歴史ある後楽園ホール。熱心な格闘技ファンのメッセージが書き込まれています(ほぼ下ネタと悪口)。
もちろん落書き禁止です。でも何でモーニング娘。

f:id:yuikaoriyui:20170503003238j:plain
入場待機列は5階踊り場から整列します。
(写真はDDTグループの場合。ファンクラブ優先入場列と一般入場列を分ける場合がありますので各団体からのアナウンスや係員の指示に従って下さい。)

当日券売場

f:id:yuikaoriyui:20170821212406j:plain
f:id:yuikaoriyui:20170503003236j:plain
当日券の発売開始時間は昼興行10時、夜興行は16時からとなります。
新日本プロレスドラゴンゲートのチケットは争奪戦となるため早めに並んでおくと良いでしょう。

ここでは後楽園ホール側で販売分の当日券のみ購入可能。
予約チケットの受け取り、割引券利用での当日券購入、払い戻しなどは5階の主催者側受付で行ってください。

また、以降の大会チケットは同じく5階の後楽園ホール窓口でも購入可能。
こちらは自身で座席を指定して買う事ができます。

会場内

f:id:yuikaoriyui:20170215000855j:plain
ホールに入るとまず売店スペース。
普段はここで選手たちがグッズ販売やサイン会を行っており人でごった返します。
他に喫煙所や飲食売店、自販機も設置。

南側

f:id:yuikaoriyui:20170215000321j:plain
f:id:yuikaoriyui:20170215000322j:plain
f:id:yuikaoriyui:20170215000323j:plain
南側R列(最後列18列目)からのアングル。
立見自由席は最後列の後ろから観戦することになります。
遠い。

f:id:yuikaoriyui:20170215000320j:plain
f:id:yuikaoriyui:20170215000325j:plain
f:id:yuikaoriyui:20170215000324j:plain
南側 I列(中ほど9列目)からのアングル。

f:id:yuikaoriyui:20170104030315j:plain
H列とI列の間に通路があるのでここで選手が場外乱闘をするとちょっとしたリングサイドになります。

f:id:yuikaoriyui:20170905230441j:plain
その反面、通行人が視界を遮ったり、前列の人の頭で見えなくなるのもI列の難点。

f:id:yuikaoriyui:20170215000318j:plain
f:id:yuikaoriyui:20170215000851j:plain
f:id:yuikaoriyui:20170215000319j:plain
南側A列(4列目)からのアングル。
左右端の座席は首がツラいですね。

f:id:yuikaoriyui:20170905230428j:plain
リングサイド周辺は迫力満点ですが、場外乱闘やバラモン兄弟の散水の餌食になるのでそれ相応の覚悟が必要となります。
有事に備えて傘や雨ガッパで防御するお客さんも。

西・東・北側

f:id:yuikaoriyui:20170821214626j:plain
f:id:yuikaoriyui:20170821214428j:plain
西側からのアングル。
南側と異なり、リングが置いてあるフロアにパイプイスや可変式の座席が設置されています。

f:id:yuikaoriyui:20170821214348j:plain
f:id:yuikaoriyui:20170821214149j:plain
f:id:yuikaoriyui:20170821214237j:plain
東側からのアングル。

f:id:yuikaoriyui:20170821214726j:plain
西と東側は「い」「ろ」「は」「に」のパイプイス4列とA~Eの5列、あわせて全9列が設置されています(南側は3列のみ)。
A~E列は南側と異なり木製の座席で、長時間の観戦はおしりが痛くなる事必至。
クッションを敷くことをおすすめします。

f:id:yuikaoriyui:20170821213952j:plain
北側最前列からのアングル。

f:id:yuikaoriyui:20170503003240j:plain
団体によっては北側を封鎖し特設花道を設置する場合があります。

バルコニー

実はもうひとつ「バルコニー」と呼ばれる観戦エリアが。
f:id:yuikaoriyui:20170905231524j:plain
f:id:yuikaoriyui:20170104011235j:plain
f:id:yuikaoriyui:20170104011236j:plain
f:id:yuikaoriyui:20170215000326j:plain
売店スペース横の黄色い階段を上り、さらに奥の白い階段を上ると到着。

f:id:yuikaoriyui:20170215000852j:plain
f:id:yuikaoriyui:20170215000854j:plain
f:id:yuikaoriyui:20170215000853j:plain
東側バルコニーからのアングル。

f:id:yuikaoriyui:20170215000849j:plain
f:id:yuikaoriyui:20170215000850j:plain
f:id:yuikaoriyui:20170215000848j:plain
西側バルコニーからのアングル。

会場全体が見やすくコアなファンに人気の観戦エリアとなっています。

基本的に立ち見チケットの観戦場所ですが、それ以外の席種の方でも入る事が可能です。
開場後すぐ満員になるので早めに並んでおきましょう。

集客に乏しい団体は空席を埋めるためバルコニーを封鎖することが多々あります。
その場合は1F当日券売場に張り紙がしてあるので入場前に要確認。

会場周辺

f:id:yuikaoriyui:20170503003241j:plain
JR水道橋駅周辺はプロレス関連ショップの立ち並ぶ雑居ビル街。
西口そばには「闘道館」。
複製マスク、パンフレット、雑誌のバックナンバーなどお宝グッズが販売されており、時間に余裕のある方は一度訪れてみてはいかがでしょうか。
チケット即売会や関連イベントも不定期で行われています。
営業時間 11:00~21:00

f:id:yuikaoriyui:20170503134416j:plain
駅南側には「闘魂SHOP」。
新日本プロレスグッズと大会チケットを販売中。
営業時間 11:00~20:00

f:id:yuikaoriyui:20170503003244j:plain
f:id:yuikaoriyui:20170503003245j:plain
EBRIETAS(エーブリエタース)」。
新日本プロレス矢野通選手が運営するスポーツバー。
ファンイベントや打ち上げもここで行われています。
営業時間 19:00~LAST

f:id:yuikaoriyui:20170503003246j:plain
プロレスリング・ノア事務所。
旗揚げ時からディファ有明に事務所を構えていたノアですが、東京五輪再開発に伴う閉店により2017年から水道橋へ移転しています。
表立って看板はありませんが所在地はこのビルの2階。

この一帯は飲食店が複数立ち並んでおり、入った店で試合を終えたレスラーが飲んでいたなんて事もありました。

収容人数

収容人数はプロレスの場合最大約1800人。
最近はあまり見かけませんが「全面開放すると集客と会場使用料が厳しい…」という団体の場合、南側スタンド席を封鎖してリングサイドとひな壇のみを開放したコンパクト形態で興行を行う場合もあります。
この場合は最大400人程です。

データ

東京都文京区後楽1-3-61 後楽園ホールビル5F
・JR「水道橋駅」西口から徒歩約3分
都営地下鉄三田線水道橋駅」A2出口から徒歩約5分
東京メトロ南北線丸ノ内線後楽園駅」2番出口から徒歩約7分

公式サイト
東京ドームシティ|後楽園ホール|トップページ