田舎のプロレス難民ブログ

地元にプロレスがやって来ないプロレス難民の観戦記録

【プロレス会場紹介】東京・両国国技館

f:id:yuikaoriyui:20170829003405j:plain
相撲の聖地・両国国技館
プロレス会場としての初使用は1985年。
以降メジャー・インディ問わず数々の団体がビッグマッチ会場として興行を開催。
今回はプロレス会場として使用時の様子をご紹介します。
大相撲とは会場設営が異なりますのでご注意ください。

アクセス

f:id:yuikaoriyui:20170725223531j:plain
最寄駅はJR総武線両国駅」。
国技館へは西口で降りてください。

f:id:yuikaoriyui:20170725223533j:plain
西口を降りたら右手へ。
この時点で国技館はもう目の前。

f:id:yuikaoriyui:20170725223534j:plain
会場入口。
ここまでわずか徒歩2分の好立地。

f:id:yuikaoriyui:20170725223532j:plain
周辺はちゃんこ鍋のお店など飲食店も多数。
駅にはコンビニ、会場内には売店もありますが大混雑します。

会場内

f:id:yuikaoriyui:20170923225953j:plain
出典:ライブハウス 特選ガイド - LiveWalker.com
座席図。砂かぶり席(リングサイド)の座席配置は団体によって異なります。

2階席

f:id:yuikaoriyui:20170829003405j:plain
f:id:yuikaoriyui:20170829003334j:plain
「正」(正面)からのアングル。
新日本と全日本は通常この形態。

f:id:yuikaoriyui:20170725223535j:plain
f:id:yuikaoriyui:20170725223536j:plain
大日本とDDTでは「向」を封鎖し特設花道としています。

2階席は安定の座イスで、会場全体を広く見渡せるので見やすさは抜群。
1人観戦で他人と相席になるのが苦痛な方、イスで落ち着いて観戦したい方は2階席をオススメします。

f:id:yuikaoriyui:20170725223539j:plain
f:id:yuikaoriyui:20170725223537j:plain
「西」からのアングル。

f:id:yuikaoriyui:20170725223542j:plain
f:id:yuikaoriyui:20170725223541j:plain
「東」からのアングル。

f:id:yuikaoriyui:20170725223543j:plain
2階席の俯瞰図。
まともにリングが見えるのは1~6列目まで。
それ以降はかなり遠く、チケット代も値段相応なので「見られればいいや」程度の座席だと思ってもいいでしょう。

凶器の持ち込みや器物破損には特に厳しい事で有名ですが、最近では2015年『佐野直万博』で大仁田厚の電流爆破デスマッチが解禁。
同じく2015年大日本初の両国大会では有刺鉄線・コンクリートブロック・剣山などのデスマッチも行われるなど徐々に緩和に向けた動きも。
ただし蛍光灯や画鋲など飛び散る系統の凶器はいまだ禁止となっています。

収容人数

全面開放時は最大10000人収容可能。
「向」を花道として封鎖した場合は6000人程。
相撲や格闘技の他、コンサート会場としても使用されています。

データ

東京都墨田区横網1-3-28

JR総武線両国駅」西口から徒歩約2分
都営地下鉄大江戸線両国駅」A3出口から徒歩約7分

公式サイト
国技館のご案内 概要 - 日本相撲協会公式サイト

試合レポート

過去の大会はこちら
yuikaoriyui.hateblo.jp
yuikaoriyui.hateblo.jp
yuikaoriyui.hateblo.jp