田舎のプロレス難民ブログ

マスコミが追わない田舎のプロレスと少し都内の興行を綴るブログ

【プロレス会場紹介】東京・両国国技館

f:id:yuikaoriyui:20170725223535j:plain
相撲の聖地・両国国技館
プロレス会場としての初使用は1985年。
以降メジャー・インディ問わず数々の団体がビッグマッチ会場として興行を開催してきました。
現在は新日本・全日本・DDT・大日本が定期的に開催。
今回は大日本プロレスで使用された際の様子を紹介します。

アクセス

f:id:yuikaoriyui:20170725223529j:plain
最寄駅はJR総武線両国駅」。
国技館までは西口改札へ。

f:id:yuikaoriyui:20170725223531j:plain
f:id:yuikaoriyui:20170725223533j:plain
西口を降りたら右手へ。
この時点で国技館はもう目の前。

f:id:yuikaoriyui:20170725223534j:plain
会場入口。
ここまでわずか徒歩2分でアクセスのしやすさは◎

f:id:yuikaoriyui:20170725223532j:plain
周辺はちゃんこ鍋のお店など飲食店も多数。
駅にはコンビニも併設されていますが大会前は大混雑します。
食糧は事前に調達するか、国技館周辺の出店で購入するのも良いでしょう。

会場内

2階席

f:id:yuikaoriyui:20170725223535j:plain
f:id:yuikaoriyui:20170725223536j:plain
「正」(正面)からのアングル。
2階席は安定の座イス。
会場全体を広く見渡せるので見やすさは抜群。
熱心なプロレスファンは1階マス席で観戦しますが、私は2階席での観戦が多いです。
1人観戦で他人と相席になるのが苦痛な方、イスで快適に観戦したい方は2階席をおすすめします。
真ん中の最前列は貴賓席で、天皇陛下の観戦席となります。

f:id:yuikaoriyui:20170725223539j:plain
f:id:yuikaoriyui:20170725223538j:plain
f:id:yuikaoriyui:20170725223537j:plain
「西」からのアングル。

f:id:yuikaoriyui:20170725223542j:plain
f:id:yuikaoriyui:20170725223541j:plain
「東」からのアングル。

f:id:yuikaoriyui:20170725223543j:plain
2階席の俯瞰図。
まともにリングが見えるのは1~6列目まで。
それ以降はかなり遠く、チケット代も値段相応なので「見られればいいや」程度の座席だと思ってもいいでしょう。

今回の大日本とDDTでは「向」を選手入場口として封鎖していますが、新日本や全日本は全面開放しています。

凶器の持ち込みや器物破損には特に厳しく、過去に何度かプロレスでの使用が禁止された事も。
しかし最近では2015年『佐野直万博』で大仁田厚の電流爆破デスマッチが解禁され、大日本初の両国大会では有刺鉄線・コンクリートブロック・剣山などのデスマッチも行われるなど徐々に緩和に向けた動きも。
ただし蛍光灯や画鋲など飛び散る系統の凶器はいまだ禁止となっています。

収容人数

全面開放時は最大11000人収容可能。
DDTや大日本のように「向」を入場口として封鎖した場合は6000人程。
相撲や格闘技の他、コンサート会場としても使用されています。

データ

東京都墨田区横網1-3-28

JR総武線両国駅」西口から徒歩約2分
都営地下鉄大江戸線両国駅」A3出口から徒歩約7分

公式サイト
国技館のご案内 概要 - 日本相撲協会公式サイト

試合レポート

過去の大会はこちら
yuikaoriyui.hateblo.jp
yuikaoriyui.hateblo.jp